ワッフルと宝塚のブログ

宝塚がある世界に乾杯

上級生娘役の減少

f:id:waffletuki:20220414200129j:plain
 『NEVER SAY GOODBYE』新人公演の幕が無事に開いてよかったです。本当に本当に良かったです。


 主演は、エルハポンで新公主演を務め、今作が新公主演二作目となる風色日向くん。
 ヒロインを射止めたのは新公初ヒロインの春乃さくらちゃん。

 このふたり、珍しいことに同期同士の新公主演コンビとなりました。

 だからなのか、いつもは単独インタビューが多いスカイステージ新人公演トークでも、ふたりで一緒に番組に出演していて、(この形式いいな〜)となりました。二人で受け答えする形式、すごく好みだったので、全組これに続いてほしいです。


 さて、爽やかで心地よい風を吹かしてくれる風色くんが『アナスタシア』を全日程休演したとき、かなりショックだったのと同時に、これからに響かないかがとても心配でした。
 ですが、そんな心配を払拭するように復活された風色くんは、『NEVER SAY GOODBYE』で新人公演主演をゲットし、今日みごとにやりとげてくれました。

 各組選ばれている万博アンバサダーのひとりである風色くんは、アンバサダーの中では一番学年が若いですが、今日の舞台を成長の糧とし、より一層宙組の中で輝いて欲しいと思いました。
 風色くんの立ち振る舞いは、応援させたくなる力がありますし、今日も画面越しではありますが、たくさんの拍手を送らせていただきました。新人公演主演、お疲れ様でした!



 また、風色くんとも同期であり、本役の潤花ちゃんとも同期である春乃さくらちゃんがヒロインだったわけですが、決まったときからガッツポーズを三回連続でするくらいには嬉しかったです。
 春乃さくらちゃん、歌がとてもお上手で、別格娘役として育っていくのかなあ勿体ないなあと思っていたので、真ん中に立つ彼女の姿に喜びが大爆発してしまいそうでした。
 さくらちゃんの地声ファンなのですが、やっぱりさくらちゃんいいですよね。滑舌も最高で、何もかもがいいんですよさくらちゃん。大人っぽい役も完璧にこなしていてさくらちゃんのことが大好きだと改めて思いました。(春乃さくらって名前がNARUTOを思い出させるのも好きポイントです)




 上記のように、今回の素晴らしき新人公演の感想を書こうと思ったのですが、さくらちゃんがヒロインに選ばれたときに感じたことを記しておきたいなと思ったので、タイトルの話題に触れようと思います。(上級生の定義は難しいのですが、娘役であっても、上級生は研10からだとわたしは捉えています)




 さくらちゃんがヒロインに選ばれたとき、上級生娘役の減少が頭をよぎりました。

 宙組は、まどかちゃんとともに美風舞良さんが花組に移動し、前公演と今公演で上級生娘役の退団が続きます。ネバセイが終了すれば花菱りずちゃん(97期)が娘役としては一番の上級生になります。他組からの組み替えがあるかもしれませんが、今のところ、宙組内のベテラン娘役の減少が否めません。(そしてこれは全組に言えることです)



 しかし、ベテラン娘役の退団が続く今だからこそ、実力のあるさくらちゃんのような娘役を、しっかり育てようと試みてくれているのかもしれません。
 新公ヒロに、「春乃さくら」の名前があったとき、そのような劇団の気持ちをひしひしと感じました。もちろんこれはわたしの憶測です。(さくらちゃんは昔から、歌も芝居もとても上手で、抜擢されたことが本当にうれしかったです。お化粧も凄く上手になっていて、これから先、宙組を支える力強い戦力だと、たくさんの人たちに知ってもらえる機会になったと思います。)




 上級生の方々が退団していくのはとても寂しいことではあるのですが、こればかりはどうしようもない宝塚の摂理でもあります。また、男役に比べて娘役は早期に退団する方も多いです。

 そこで悲嘆に暮れず、下級生娘役を育てておくこと。上級生娘役が退団しても、対応できること。宝塚にとって、上質な舞台を届けるために、それはとても重要なことです。



 少し前の花組も上級生娘役が大量に退団されましたが、そんな中で今、下級生娘役たちが大きな戦力となっています。月組も、下級生の娘役たちがどの期でも大活躍しています。雪組も、先日の新公ヒロインを務めたのは106期娘役です。また、星組もはるこさんが退団されることにより、下級生たちの意識が変わるような気がします。



 上級生娘役たちの素敵な所作、舞台姿、小物や鬘作り。尊敬する先輩娘役が身近にいるのがもちろん一番良いのですが、今の時代、映像を使用することで、歴代の娘役さんからたくさん学ぶことが出来ます。もしかしたら、いろんな組の上級生娘役を参考にした、ハイブリッドな若手娘役が登場するかもしれません。



 上級生娘役がいない今だからこそ、伸びる若手娘役もたくさんいると思いますし、抜擢に追いつけるように頑張っていくひとりひとりの娘役を、これからもたくさん応援しようと改めて思いました。(もちろん、宝塚に長らく人生を捧げてくださる上級生娘役さんたちが大好きです)



 最後になりますが、『NEVER SAY GOODBYE』の新人公演、とても素敵でした。とてもやりがいのある公演だったと思いますし、演目に対する宙組下級生達の熱量も凄まじかったです。
 舞台機構トラブル等ありましたが、新公高学年が大事な箇所を絞めてくれて、とても頼もしい公演内容だったと思います。
 コーラスなどの一体感を大切にする宙組で育った下級生たちが、これから個々人、どんな個性を魅せてくれるのか、ますます楽しみになりました。

 ムラで行えなかった新人公演が、東京の劇場で無事に開催されたこと、心の底から嬉しかったです。素敵な舞台に仕上がっていて、仕事終わりの心に沁みました。宙組新人公演に出演していた皆さん、本当に本当にお疲れ様でした!



にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村