ワッフルと宝塚のブログ

宝塚がある世界に乾杯

星組東京大千穐楽の寂しさよ!


 本日、星組公演『めぐり会いは再び next generation』および『Gran Cantante!!』が東京大千秋楽を迎えました。


 雪組月組の初日を迎え続けていたので 、「ひとつの公演とお別れすること」が、なんだかとても寂しかったです。



 そして、本公演は大好きな音波みのりさんとのお別れでもあったので、殊更さみしく、映画館の隅で泣きました。

 相変わらず、ユリウスとレオニードがルーチェとアンジェリーそれぞれの背中を押すシーンが大好きすぎて涙無しでは観れなかったです。泣いた……。いろんな感情がごちゃ混ぜになって余計泣いてしまいましたね……。



 長らく星組で輝いてくださった天寿さんとのお別れも、 「あのかわいい子は」と、いつも探させて頂いていた華雪りらさんとのお別れも、とても寂しかったです。
 寂しかったというより今も寂しいですし、明日も明後日も3年後も、ふとしたときに寂しさを感じるんだろうなと思います。


 だけれど、3人が3人、このご時世に無事に大階段を降りて来られたことが、寂しさを上回るほど嬉しかったです。



 今までの星組に欠かせなかった彼女たちがいなくなることは本当に寂しいのですが、3人ともの素晴らしい挨拶から「宝塚を全力で歩むことが出来た満足感」を感じられ、惜しみない拍手を送りたいです。

 宝塚という舞台の中で、わたしたちに素敵な思い出を、たくさんたくさんありがとうございました。本当にありがとうございました。退団されても、御三方のことがずっとずっと大好きです。



 宝塚大劇場でこそ、中止期間が長かった本公演ですが、 過去最多の感染者を記録してもなお、東京は千秋楽まで完走できたこと、 本当に心の底から喜びの気持ちでいっぱいです。




 お芝居は脚本がゴチャゴチャし過ぎていると感じる方も多いだろうなとは思ったのですが、星組の皆様が非常に楽しそうにこの物語の舞台に立っていて、個人的には見ていてとても楽しかったです。


 また、ショーでは礼さんを中心とする場面が多すぎて、この暑い暑い日々の中、体調を崩されないか心配をすることもありましたが、それをはねのけるようなキラキラの笑顔とキレキレのダンスと、そして深い深い歌声が、 大千秋楽まで続いたこと、本当に素晴らしいことだと思います。




 次の別箱公演からは暁千星さんも加わり、新しい星組の一歩に近づきますが、未来の星組も、とても素敵な舞台を作るのだろうと確信することが出来る本作でした。




 星組の皆様、今日というこの日まで、本当にお疲れ様でした。お休みはあまりないかもしれませんが、次の別箱公演でも、星組の皆様の明るくて元気な笑顔が拝見出来ますことを心より願っています。


 そして、退団者3名のこれからの人生が、たくさんの幸福で満ち溢れていますように。



 星組の皆様、万里さん、美穂さん、そして退団者の方々。素敵な公演を本当にありがとうございました。楽しくて、寂しくなって、熱くなって、とにかく心掴まれる素敵な公演でした。長い期間、素敵な公演を魅せてくださり、本当にありがとうございました。星組の皆様が大好きです。


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村